So-net無料ブログ作成

長野電鉄2000系が現役復帰しました [鉄道(模型)]

2010年5月3日の記事の中で「古河線の急行仕業を、長野電鉄2000系から名鉄5200系にバトンタッチします」と書き、お別れ運転のつもりで2000系の走行画像もUPしました。

ところが後からその走行画像を見直して、考えを改めました。
現役引退させるには、元気すぎる走りっぷりなのです。
(特に意識して運転した訳ではありません)

「5200君と僕は同じ年ごろなのに、何で僕が急行の仕事をはずされるんだ。 プンプン[ちっ(怒った顔)]」と言っている気がしました。

確かに2000系は、常武鉄道に来てからまだ2~3回しか仕業についていませんので、引退させるには早すぎるかな、と思い直しました。
5200系と交代で急行仕業に当たらせるのはよいのですが、いかんせん3連では短かすぎます。
そこで1両追加して4連化することにし、ヤフオクでサハ2051形を入手しました。
IMG_0817.JPG Mc+T+Mcだったのを、Mc+T+T+Mcにした訳です。

それでは、4連化した走行画像をどうぞ
(ちなみに、これは5月30日に撮ったものです)。


話は変わりまして、バラスト撒きの練習状況です。
道床斜面にマットメディウムを原液のまま筆で塗り、バラスト(N粗目 幹線用)を振りかけた状態です。
道床とバラストが似たような色のため、ちょっと分かりにくいですが[わーい(嬉しい顔)]IMG_0816.JPG 接着剤が乾いたら道床全体に(但しレール間は除いて)バラストを撒いて、今度はスーパーフィックスで固着、となります。 並行して、塗装の準備も始めようと思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0